HOME > 医療機関サプリメント > 開発、生産および品質管理体制 > 商品を製造する施設での管理体制

商品を製造する施設での管理体制

■健康補助食品GMP認証を取得した国内工場でつくられています

商品を製造する施設での管理体制GMP(Good Manufacturing Practice)とは、原材料の受入から製造、出荷に至る全ての工程において高い品質を保つための管理基準が定められたものです。
クリーンな環境下で商品がつくられることはもちろん、いつどのようにつくられたか、規格に合っているか、チェック体制ができているかなど品質管理を徹底しています。わかさ生活のサプリメントは、お客様に安心して商品を続けていただきたいという想いから、このような厳しいチェックをクリアした商品をお届けしています。

■工程内での品質管理

商品を製造する施設での管理体制粒ができるまでの各工程において、機械での品質確認はもちろん、熟練した人の目を通して品質を確認しています。
お届けするすべてのカプセルはゆがみや傷がないか一粒一粒確認し、厳しいチェックを行います。またカプセルを封入するアルミ袋においても接着面の強度や印字の確認など徹底した確認を行います。
このような工程を経て、高い品質を実現しています。