HOME > わかさ生活研究論文集 論文一覧 > ビルベリーのVDT作業時の眼疲労に対する抑制効果

ビルベリーのVDT作業時の眼疲労に対する抑制効果

PDFTHE JOURNAL OF NUTRITION, HEALTH & AGING in press
DOI: 10.1007/s12603-014-0573-6

- Bilberry extract supplementation for preventing eye fatigue in video display terminal workers -

Y. OZAWA, M. KAWASHIMA, S. INOUE, E. INAGAKI,
A. SUZUKI, E. OOE, S. KOBAYASHI, K. TSUBOTA

 日常的に映像表示端末を用いた仕事が増える中、眼疲労などの眼の諸症状ならびに肩や首など全身症状などの問題が増加している。眼疲労によりVDT作業従事者の業務効率の低下やQOLに影響を及ぼしかねない問題である。これらの諸症状を予防することが重要であり、例えばポリフェノールの一種であるアントシアニンなどには眼の機能改善に有望であることが知られており、今回、ビルベリーエキスを含むサプリメントの経口摂取がVDT作業時の眼疲労に有益であるかを検討した。

【試験方法】
健常者88名を対象にビルベリーエキス160mg 配合カプセルを朝食後3粒摂取させ、120分間VDT作業負荷前後に、近点調節力、中心フリッカー値ならびに眼疲労等に関するVASアンケートを測定し、VDT負荷前後の数値を比較した。
上記試験は二重盲検プラセボ対照試験にて実施した。
ビルベリー摂取前、摂取4週間後、摂取8週間後の上記中心フリッカー値と近点調節力の測定ならびにVASアンケート数値を比較検討した。

【結果】
中心フリッカー値ではプラセボ対照試験では有意な差が認められなかったが、同群間比較ではビルベリー摂取群は摂取前と比較して、摂取8週間後において中心フリッカー値に有意な差が認められた。一方近点調節力ではプラセボ対象、同群間ともに有意な差は認められなかった。
VASアンケートではプラセボ対照試験では、摂取8週間後において「目の疲れ」「目の痛み」「肩こり」「目が重たい」「頭が重たい」「目のかゆみ」「目がゴロゴロする」などのアンケート項目で有意な差が認められた。そのうちの数項目は摂取4週間後でも有意な差が認められた。

【結論】
ビルベリー抽出物がVDT作業時の眼疲労を軽減するのに有益である可能性が示唆された。
本研究がビルベリーの幅広い機能性の理解の一助となると期待されています。

研究論文一覧に戻る